ワーホリは車を買ったほうが得!?

car

 現在、オーストラリアで車上生活中の僕ですが、トレーナーハウスに住んでるということで通勤や移動で使える車を所有してません。「長く生活しているのにどうして車を持たないの?」っとよく言われますが、車が無くても生活環境は整っているので必要がないなぁっと思っています。

今回はワーホリで車を所有するとこんなメリットもしくはデメリットかあるということをまとめます。

 車を所有するメリットについて

やっぱり車を所有すると生活上で色々と便利です。

仕事を見つけやすい

住んでいるところから離れた場所でも簡単に通勤出来る。場所によっては車でしか通勤出来ない仕事場もあります。

セカンドビザを取得したい人(AUS限定)

通常はワーキングホリデービザの有効は1年ですがオーストラリアは政府特定の季節労働を最低三か月以上を満たせばワーキングホリデーをもう1年延長することが可能です。主にファームなどでは車必須である場所が多く、また車を所有していないから交通費を徴収することが可能なので所有するメリットは大きいです。

ラウンドしたい人

計画に縛られず色んな場所に旅したいには車を持っておくといいでしょう。ただし2週間程度のラウンドであれば車を所有するよりもレンタルしたほうがコスト的には安く抑えることが出来ます。

車を所有するデメリットについて

車を持つデメリットはなんといってもお金がかかります。

出費は最低月$200以上

車の維持費は主にガソリンや保険、車検、税金など色々とコストはかかります。実際に車を所有した経験として最低でも毎月$200以上はかかると考えておいたほうがいいです。しかし、場所によってはコスト(場所によって車検がない地域も存在する)が大きく変わるのでもう少し安く抑えられることも可能です。

車を売却するとき

車を買う前に知っておくことのアドバイスとして、車は買うよりも売るほうが何倍も大変だということ… よくネットでは車と購入した値段と変わらない値段で売ることが出来ると書いてますが、実際にはかなり難しいと思います。特に帰国前に車を売る人はかなり前もって手放しておくことをオススメします。失敗すれば購入した半値以下で売却、また最悪なケースとして買い手がつかずスクラップする羽目になります。

生活拠点によって車の必要が決まる!

 それぞれメリットとデメリットをまとめたうえで、車が必要な判断基準としてどこの場所で生活するかが一番重要であると思います。要は、都心に近い場所であれば車が無くても公共機関を利用すれば車を所有しなてくも生活出来ます。反対に田舎の場所だと車がないと通勤や買い物などの生活に支障をきたすので車がないと大変です。

 それでは、都心でも田舎でもない中途半端な地域だとどうなるか? 今の僕が生活している場所がまさにそのケースです。都心までバスで30分、仕事場までは車で10分近くかかります。僕の住んでる場所は幸いにもスーパーが近くにありバス停が家のすぐ近くにあったので無くても大丈夫と決めました。ただし、仕事場に行くには我慢してチャリンコで30分近くかけて移動します…(;´・ω・)

結論は車を何をしたいかその人次第!

 僕の場合、NZラウンドと車上生活する目的でNZ来る前から車買うことを決めており、NZの車上生活は車がないと生きていけない環境だったので車を買って大正解でした。しかし、AUSの生活は都市や郊外で生活した期間が長いので車がない環境でも大丈夫です。

ちなみに学生の場合だと車を持たない方がメリットが大きいです。

その理由は次回に…

( ゚Д゚)ノデハデハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す