キャンパー生活にホリデーパークが欠かせない理由

ホリデーパーク

今回もワーホリ向けキャンパー生活についての内容です。僕のニュージーランド(以下NZ)でのキャンパー生活は主にホリデーパークで過ごしました。その理由として、長い期間でキャンパー生活を継続するにはホリデーパークが必要不可欠となるので今回はそのことについてまとめてみました。

ライフラインが利用出来る

キャンパーバンのみの生活環境で長く継続するのはまず不可能です。当たり前のことですけど、日常において電気、水道、ガスの3つのライフラインが備わっていないと生活は無理です。しかし、ホリデーパークであれば施設を利用出来るので、キャンパー生活を継続することは可能です。

キッチンの休憩室でスマホの充電など普段からよく使っています。

仕事終わった後のシャワー

ご飯を作る際にはコンロや冷蔵庫などを活用しています。

キャンパー生活とはいっても決してアウトドア満載の環境下ではありません。とはいえ、何をするにしても車から離れないといけない手間とキャンパーバン車内だけが自分のプライベート空間なのでとにかく大変です。

住所を持てる

 ライフラインと同様に生活する上で大事なことが住所が持てることです。もし住所不定で生活をすると…

銀行のカードの発行

仕事を就く

荷物の受けとりが出来ない

などなど…

生活に支障をきたしとにかく不便でなりません(´・ω・`)

しかし、ホリデーパークに生活拠点を置けばホリデーポークの住所を使うことが出来ます。また、ホリデーパークにいない場合でも、受付で荷物や手紙などを受け取りしてもらえるので再配達の依頼や荷物を配送先まで取りに行く手間を省くメリットがあります。

車上荒らしの防犯効果

NZは世界の中でも治安の良い国だと言われておりますが、残念ながら車上荒らしや窃盗に関しては日本と比べてかなり犯罪率は高いです

僕はNZでバックパッカーに宿泊したときに窃盗に遭遇し、帰国時用の日本円がごっそり盗まれました(´;ω;`)

キャンパー生活だと夜は車内で寝ており、ホリデーパーク内の街灯やセキュリティは備えています。

 

また、幸いにも僕が生活していたすぐ隣にはバスでキャンパー生活している人もいるので万が一何があってもすぐに知らせることが出来る環境でした。

これは個人的な憶測ですが、キャンパー生活やってる人ってお金を持ってる人はそんなにいないと思います。だから犯人もキャンパー生活してる人には車上荒らしする価値があまりないと考えているかもしれません。

おわりに…

キャンパー生活といってもホリデーパークを利用すればある程度の生活環境で対応出来ます。しかし、長期間キャンパー生活するということは毎日車の中で寝泊まりする環境に慣れ、毎日がアウトドアみたいな生活なので大変なことはたくさんあります。

ということで次回はキャンパー生活の中身についてまとめます。

|д゚)ノ デハデハ

1件のコメント

コメントを残す