夏の車上生活の夜はクーラーいらず

車上生活の夜

  以前、車上生活の夏の過ごし方についてブログで書きましたが、少し補足で夏の夜について少し書きまとめようと思います。最も車上生活しやすい季節は初夏の季節です。夏の時期は日中は暑いんですが日本よりは過ごしやすく、特に夜はクーラーがなくても大丈夫です。

夏の夜は思ったよりも涼しい

こちらは11月末のカレンダーの天気予報です。

気温

もうこっちでは気温が30℃超える日が続きますが、暑いと感じるのは日中くらいです。夜になると気温が20℃近くまで下がるので快適に車上生活で寝ることが出来ます。ピークになると日中が40℃を超えて夜でも25~28℃近くいくことはありますが、それでもクーラーがなくても大丈夫です。

湿度

今住んでるオーストラリアと日本の気候で最も違うのはこっちの気候は湿度はドライです。なので、日中が35℃超えても日本と比べてそこまで暑いと感じることはありません。ただし、日差しは日本よりもかなり強いのでサングラスと日焼け止めクリームは着用することをオススメします。

夏なのに夜が冷える日も…

 今の時期が一番快適に寝ることが出来る時期ですが、ときには急に気候が変わって冷える日も多々あります。

11月28日深夜

この前、夏のシーズンなのに急激に寒くなってヒートテックを着こんでしまいました。日本みたいに気温が安定しないため、天気予報は欠かせずチェックするようにしています。

南半球の夏は気温差に注意!!

 南半球の夏で気をつけることは気温差が大きいことです。ときには一日で気温差が20℃近く変わることがあるので、この環境に慣れるのが実は大変だったりします。

僕は日本で極寒の場所と日本で最も暑い場所に長年生活経験があるのでどっちも耐えることに慣れていますが、急激な温度差だけはどうしても未だに慣れません…なので夏の時期は体調管理だけは冬よりも気をつけるようにしています。

海外でサマーキャンプに出掛ける方はきちんと準備しておくことをオススメします。

|д゚)ノデハデハ

コメントを残す