海外で働くファームライフ

winery

 こっちでは本格的に夏到来で休みの日になるとビーチやBBQで楽しんでいます。けど、今まで僕が過ごした海外の夏は田舎でファームジョブをずっと働きながら生活してました。なので今回は、昔のことを思い出しながらファームライフについてまとめます( 一一)

ファームの朝は早い

dawn

 1日の始まりは朝5時半からと早い時間から始まります。ファームの場所は町から離れた場所にあることが多いので車で通勤するのに30分近くかかります。

lunch

ファームは体力仕事なので、仕事に行く前の準備として昼ごはんと飲み物(日中は暑く水は2L以上をオススメ)を忘れずに持参しましょう。

ファームの仕事の流れ

winery 0

 仕事は朝6時半から始まります。ファームの始業時間が早いのは日中の気温が高くなる午後だと体力が消耗してしまうので、なるべく気温が上がらない午前中に多く仕事をするようにします。

winwry 1

 ファームは色々と経験しましたが、ここでは一番長く働いたブドウファームについて紹介します。僕の主な仕事はトラクターでブドウのレーンの両端にネットを設置の補助をやってました。単純作業で少し退屈になりそうですが一緒に働いた同僚とよく会話していたのでそこまで辛い仕事ではなかったです。

winery 2

 また、ブドウの葉っぱを間引きする作業も行います。これはけっこう大変な作業で葉っぱを素手できれいにブドウがくっきりと見えるように取り除くようにしないといけないので大変です。

 仕事の量は時期や作物によって状況が大きく変わりますが、基本的には1日約8~10時間ほど働きます。ピーク時は休みなしでずっと働くこともありますが、閑散期だと1週間仕事がないこともあります。

仕事が終わったら…

after working beer

仕事は約3時頃と早い時間に終わります。帰ってきたら真っ先にシャワーを浴びてその後には乾いた喉を癒すためキンキンに冷えたビール飲みします。この瞬間は今までの人生の中で最も美味しいビールを味わうことが出来ます(´ω`*)

farm life dinner

 夜になったら晩飯と明日の弁当を一緒に作りながら明日の仕事に備えます。田舎なので近くには小さなスーパー以外特に何もない環境ということもあって仕事が終わったらのんびりとネットや映画を見ながら過ごすのが日常です。

ファーム生活で大変なこと

 ファームの生活は特にお金を使うこともないのでお金を貯めようと思えばそれなりに貯金は出来ると思います。しかし、田舎で生活することだっけあってそれなりに大変なこともあります。

虫が多い

flies

虫が苦手な人はファームで働くのは大変です(;´Д`) どれくらい大変かというとハエ取り紙が一週間で交換するくらいに虫がウヨウヨいます…

日焼けと傷

sunburned arm

 外で一日中働くこともあってすぐに日焼けになり、日本に比べて南半球の太陽は紫外線が強いので日差しは強いです。また、ファームの仕事は手作業中心なのでところどころ枝や葉っぱなどで肌が傷が出来てしまいます。対策として長袖と手袋でカバーは出来るのですが、僕は肌が汗で蒸れると痒くなるので半袖と短パンで作業してました。慣れてくると日焼けや傷を着にせず作業してました。

おわりに…

 簡潔にファーム仕事の流れをまとめました。やっぱりファームジョブは生活と仕事はけっこう大変ですが、その後の人生においていい経験となり実際にファームをやって良かったと思うことは色々とあります。

 今はファームジョブの真っ最中なのでもうすでにファームやってる人、これから始めようと思う人は暑い毎日で大変だと思いますが今後の良い経験となるので頑張ってください。

それでは今回はここまで

( ゚Д゚)ノデハデハ

 

 

 

 

コメントを残す