ホリデーパークについて1年間生活した元住人が教えます。

人気のホリデーパークに滞在

 前回、ニュージーランド(以下NZ)のキャンプ場についてまとめましたが、その中にホリデーパークという日本では聞き慣れない言葉を説明しました。今回はホリデーパークって何!?をテーマに約1年間NZのホリデーパークでキャンパー生活を経験した元住人がまとめてみました。

ホリデーパーク(Holiday Park)とは!?

ホリデーパークのパワーサイト

ホリデーパークとキャンプ場の違いって何!?それは何といっても施設が大きく違う点です。ホリデーパークにはキッチン・シャワー・コインランドリーの3つの施設が基本として備わっています。しかし、キャンプ場にはそれらがない場合が多いので、快適にキャンプをしたいのであればホリデーパークを利用することをオススメします。

キッチン

ホリデーパークのキッチン

キッチンにはガスコンロや冷蔵庫を利用することが出来ます。また、ホリデーパークが良い施設であればオーブンやBBQコンロなども備わっている場所もあります。キッチン用品についてはホリデーパークの場所によって有無があるのでキッチンを利用するときは自前のキッチン用品を常備しておくのをオススメします。

ホリデーパークの休憩室

キッチン付近には休憩スペースがあるのでそこで食事を取ったり、スマホやパソコンなどの充電に利用することが出来ます。

シャワー&トイレ

ホリデーパークのトイレ兼シャワー室

トイレと併設でシャワー室が備わっています。多くのホリデーパークの施設は無料ですが、稀に有料のところもあります。

コインランドリー

ホリデーパークのコインランドリー

色んな場所に旅行しながらホリデーパークを利用する人が多いので、洗濯機と乾燥機が備わっています。

一泊の宿泊費用について

とあるホリデーパーク

ホリデーパークっての宿泊料金は場所や施設の質によって値段はピンキリなので細かくまとめてみました。

その1:滞在する場所

人気のホリデーパーク

キャンプ地に人気の場所や観光名所付近でのホリデーパークだと一人あたり一泊で約30$くらいとNZのバックパッカー(安宿)の一泊の値段とあまり変わらない価格です。キャンプ地に人気の無い場所だと一人あたり一泊$15くらいで宿泊することが出来ます。

その2:キャンピングカーはパワーサイトに宿泊する。

ホリデーパークのパワーサイト

キャンピングカーでホリデーパークに宿泊する場合、パワーサイト(Power Site)の施設を利用し、キャンピングカーでない普通の車で車中泊もしくはテントで宿泊する場合はアンパワーサイト(Unpower Site)をします。パワーサイトの利用はアンパワーサイトよりも値段はやや高めとなっています。

キャンプのパワーサイト

 

パワーサイトとはキャンピングカーのAC電源を利用する際に、キャンプサイトの電源をキャンピングカーにコードを接続して車内で電気を使うことが出来ます。もし、キャンピングカーのバッテリーのみでAC電源を長時間利用するとバッテリーが上がってしまうので注意しましょう。

その3:2人目からは宿泊料金が安い。

ホリデーパークの価格

ホリデーパークの場合、2人目からは追加料金として扱っている場所があります。これは1人目の宿泊料金は車の敷地スペース+宿泊料金とセットの料金設定ですが、2人目からの宿泊料金は宿泊料金のみの料金設定となっており、1人目の宿泊料金よりも安くなっております。

ホリデーパークは予約しなくてもOK!

インバーカーゴのホリデーパーク

基本として、どのホリデーパークも予約せずにその場で受付で申込みすれば宿泊することが出来ます。ただし、夜以降の遅い時間帯は場所に受付が終了している場合があるので、その場合は事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

おわりに…

ホリデーパークを初めて利用する人の視点で基本的なことをまとめましたのでご参考になればと思います。

もしホリデーパークを利用する際には自然豊かな立地なので、キャンプしながら外で星空見ながらビールを飲むのは格別ですよ!!

|д゚)ノデハデハ

コメントを残す