ホリデーパークで長くキャンパー生活する方法

ホリデーパークに住む

今回はニュージーランド(以下NZ)でキャンパーバンを所有した人に向けたことについて書いていきます。

キャンパー生活で一番大変なのがライフラインをどうするか?

それを解決するのがホリデーパークに住むことが必須になってきます。今回はホリデーパーク長期のキャンパー生活するためのコツをまとめました。

長期キャンパー生活出来ないホリデーパーク

TOP10ホリデーパーク

始めにどのホリデーパークでも長期のキャンパー生活が出来るとは限りません。例えば、大手のTOP10HolidayParkや観光地周辺のホリデーパークでは基本として観光客が利用する施設は原則として断れるケースがほとんどです。

個人経営のホリデーパークを探す

どのホリデーパークでなら長期のキャンパー生活が可能なのか!?それは個人で経営しているホリデーパークを探すことです。しかし、ホリデーパークの経営によって長期お断りの場所もあるので事前に調べておく必要があります。

では、どうやって調べるかですが

町の観光案内所に問い合わせ

NZの観光案内所

宿泊施設のことなら観光案内所で確認する方法があります。

「キャンパー生活したいのですがどこがいいホリデーパークありますか?」

と言っても大丈夫です。NZでキャンパー生活やってる人はいるのでそういった問い合わせが実際にあります。

現地に直接行く

ホリデーパークの受付

直接行って長期滞在が可能なのか問い合わせします。もし長期滞在が可能なら実際にホリデーパークの施設環境を下見することが出来ます。見つけるのに手間かかる方法ですが、これが一番確実に見つける方法です。

電話で問い合わせする

英語に自信があるなら直接問い合わせしてみるのもいいでしょう。ただし、ホリデーパーク側がどんな人が泊まるか分からない人を電話のみで受け入れるのは難しいみたいです。(僕が長期滞在したホリデーパークの従業員の意見)

施設の下見は必須!!

ホリデーパークの施設

長期滞在のホリデーパークを見つけたら契約する前に施設の下見をしておきましょう。特にキャンパーバンの生活だと電気、ガス、水道がない環境での生活を補うのがホリデーパークなので有効に活用出来るかチェックしておきましょう。

僕の判断基準だと

休憩室にコンセントがあるか?→無ければ電気が使えない((+_+)

これさえあればホリデーパークで長期のキャンパー生活出来ると判断してました。あくまでも個人的な判断なのでこれに関しては自分なりの判断基準を前もってきちんと整理して決めておきましょう

宿泊交渉はやっておこう!

長期滞在する場所を見つけたら、宿泊の値段についての条件を相談しましょう。

例えば、「〇カ月間利用するから$15から$10に値下げ出来ますか?」、「前払いの2週間支払う代わりに少しまけて下さい。」など

こちらが長く生活することを条件代わりに値引き交渉してはやっておきましょう。お互いがメリットになるように提案すればホリデーパーク側も納得して応じてくれます。

何も言わないとそのままの宿泊料金になることもあるので言うことはきちんと言っておきましょう!

おわりに…

NZでキャンパー生活を本格的にやるのに

①キャンパーバンを手にいれる

②ホリデーパークでキャンパー生活する場所を探す

この2つが僕が準備する上で大変な事でした。そういった経験を出来るだけブログで情報公開して、NZキャンパー生活を目指す人の参考になれるようまとめてみました。

さて、今回ここまでですが、もう少しホリデーパークについて詳しくまとめておきます(続きはこちら)

(=゚ω゚)ノ デハデハ

コメントを残す