キャンパー生活どうやるの!?(実践編)

キャンパー生活

はい、今回は実際にキャンパー生活がどんな日常なのか、前回の(持ち物 前編後編の引き続きに紹介します。

何をするにしても大変!!

キャンパー生活でまず最初に困難な壁にぶち当たることは、とにかく何をするにしても大変だということ。

キャンパーバン

例えば、料理をするときは調理器具や食材を車の中から取り出してキッチンまで運んだり…スマホの充電、パソコンを使うときは電気が必要なので休憩室まで行ったりなど…キャンパー生活は車の中から荷物を取り出しながら移動することの繰り返しの毎日です。なので、何か行動をするのに普段の生活よりも時間と手間がかかります。アウトドアだから当たり前だろ!っと言われたらその通りですが、約1年継続してやるのは本当に大変なんです(´・ω・`)

洗濯…?手洗いでしょ!

NZでキャンパー生活やった約1年間、洗濯はずっと手洗いでやってました。理由はホリデーパークでの洗濯はコインランドリー式でお金が使うのとキャンパー生活当初は文無し状況が続いてからです。手洗いで洗濯やるなんてじいさんばあさん世代までだよと思っていましたがまさか自分がやるなんて夢にも思わなかったです(笑)

キャンプ生活の洗濯

洗濯はとにかく雨が降っていなければほぼ毎日やっていました。手順として、シンクの中に水と洗剤を少量入れてかき混ぜてから服を入れて少し間放置します。その後は手でゴシゴシと洗って何回か水で濯いでから水を落としてから干します。

 

車内は寝るかスマホを使うのみ

キャンパーバン車内

キャンパーバンの車内は電気・ガス・水道のライフラインが何も使えない環境です。車内には寝るかもしくはスマホを使うかだけです。

寝るには念入りな準備を…

キャンパー生活をやろうと計画して一番の誤算だったのがNZの気候です。冬からキャンパー生活を始めたのでかなり寒いのは当然覚悟してました…しかし、成り行きで冬の時期に生活してた場所が最南端の地域でした。

キャンプ生活の冬

寒さと暑さに関してはかなり我慢出来る僕ですが、南極から来る強い風と雨、雪のコンボはとにかく寒い、なにせキャンパーバンの車内が冷蔵庫の温度と同じ環境下なんですよ。防寒対策はかなり入念にやりました

① 就寝する1時間前に食事を取りお腹一杯にする。寒い時期はお米(電気・ガス無しでお米の作る方法はこちらのブログ)をたくさん食べるようにしてカロリーを取るようにしてました。

② 熱々のシャワーで体をホカホカにする。

③ 湯たんぽを使用する。(湯たんぽのブログ

④ 防寒着(上下のヒートテックは必須)を着こんで寝袋の中で就寝。

こんだけ入念な準備をしてようやく寝ることが出来ました。やっぱりキャンプは夏のシーズンに限ります(;´∀`)

おわりに…

うーん…なんて言ったらいいんでしょうね。

結論として、ドMな生活していたと思います(;´∀`)

ホリデーパーク

僕の場合はお金を使わずに自分で出来ることは何でもやるという気持ちでやってました。そして、行きついた先がアウトドア全開の日常でした(笑)

もし、こんな生活でも覚悟してキャンパー生活チャレンジしようと考えてる人がいたら、次のブログでキャンパー生活やってよかったメリットについても書きますのでそちらもご参照ください。

|д゚)ノデハデハ

1件のコメント

コメントを残す