南半球の空を見上げてみよう

朝焼け

現在、オーストラリアで細々と生活中で、夜になったら南十字星を見ながらビールを飲むことが日課になっています(*´ω`)

日本で生活してた頃と比べ、オーストラリアやニュージーランドの南半球で海外生活していると空を見上げることが習慣になってきました。しかし、南半球の空は夜の星空だけじゃないのです!

ということで…今回は“南半球の空”についてまとめてみました。

夜明けが幻想的で美しい

南半球NZの朝焼け

南半球の夜明けは稀にですが日本ではお目にかかれない空を映し出し、色が真っ赤に染まるのは一瞬の出来事です。時計の針が動くごとに空の表情が変わっていくのがなんとも幻想的で、朝日が出るまでじっくり眺めてしまいます。

諺で“早起きは三文の徳”という言葉はまさにこのことだなぁっと思います。

 

夕暮れ時も見逃せない

南半球NZの夕暮れ

夕暮れは夜明けとは違った空の色を映し出します。夕暮れは夜明けよりもキレイな景色を見る機会が多いです。

冬の時期は虹を見るのが日課

僕は現在、西オーストラリアの地域で生活しており、日本と季節は反対で南半球は冬の時期真っ最中です。しかも、僕が住んでいる西オーストラリアは冬は雨季のシーズンということもあって、ほとんど雨の日が続いて日本の梅雨よりも雨が降っている気がします。しかし、一日中ずっと雨が降っているわけではなく、雨が止んだり降ったりの繰り返しなのでこの時期は雨が降っていないくても傘は必需品です。

AUSの虹

そのため、冬の雨季シーズンの西オーストラリアの空は頻繁に虹が空に映し出します。それと天候の条件によりますが、さらに運が良ければダブルレインボー(二重虹)をお目にかかれます。写真では見にくいですが、肉眼では虹の上にもう一個小さな虹を見ることが出来ました。

おわりに…

南半球の空は日本では見ることの出来ない空を映し出してれます。オーストラリアやニュージーランドの南半球に旅行や旅などに出かけた際には南半球で見られない星空を見上げるだけでなく、夜明けや夕暮れ時にも注目して南半球の空を眺めてみましょう!!

|д゚)ノデハデハ

コメントを残す