競馬が国を止める日!

フレミントン競馬場

  海外でワーホリ生活しようと考えていた時、例えば、オーストラリアでサーフィンしたい、カナダでスキーしたいといった何かしら理由があってどこに行こうかと決める人が多いんじゃないかなと思います。

僕の場合は…

(/・ω・)/「競馬のメルボルンカップを生で見てみたい!!」

これだけの理由でワーホリ生活はオーストラリアしようと決めました(笑) 実は1998年の競馬が盛り上がった時期からずっと競馬を見ており、かれこれ競馬歴20年近くなります。

南半球は春到来でこの時期から競馬が一番盛り上げるシーズンに入ります。今回はオーストラリアの一大イベントメルボルンカップ(Melbourne Cup)について紹介します。

メルボルンカップとは?

 毎年11月の第1火曜日(今年は11月7日)にメルボルンのフレミントン競馬場で開催され、レース内容は距離3200Mの長距離レースのハンデキャンプ戦(戦績によって負担重量が異なる)です。

メルボルンカップは別名“the race that stops a nation”(国家を止めるレース)と言われており、実際にオーストラリアのビクトリア州ではメルボルンカップは祝日になっています。

海外の競馬にビックリ!!

こっちで何度も競馬を生観戦していますがいつも海外の競馬がスゴイっ!!っと思ったこと3つ紹介します。

オシャレが半端ない!!

海外競馬場のファッション

会場には女性はドレス、男性はスーツでドレスアップで来るのが一般的となっています。

海外競馬場のファッションショー

また、会場内にはメルボルンカップなどの大きなレースにはファッションショーなども行われています。

ピクニックしながら競馬を楽しむ

海外競馬場のピクニック光景

日本と海外の競馬観戦で一番違うなぁっと感じたのは競馬とピクニックを同時に楽しむスタイルになっています。レース前は仲間と話しながら食べ飲みしながらのほほんとしてますが、いざレースになると賭けた馬を必死に応援します。

東京競馬場の光景

日本だと、桁違いに人が多いので純粋に競馬を観るというスタイルです。中には給料全額賭けて一攫千金を狙う人もいる輩もいます(;´∀`)

競馬を間近で観ることが出来る!!

日本の大きいレースとかでは観戦席やパドックなど色々と動き回ると人も多くて近くで観ることは出来ないのですが、オーストラリアの競馬違います。

アドマイヤラクティパドック

こんなに間近でパドック観戦なんて出来ます。ちなみに、もしこの写真を見て何か気づいたらあなたは相当な競馬好きですね(´ω`*)

アドマイヤラクティ優勝インタビュー

そうです!実は2014年のメルボルンカップの前哨戦レースに日本馬が出走していたので応援しに生観戦に行って日本馬が優勝する快挙を成し遂げた光景を見ることが出来ました。今でも色んな競馬を観てきましたが僕のとってこれが最も記憶に残るレースになりました。

チケットはどこで買うの?

買う方法はCBD(central business district)エリアでチケット屋から購入もしくはTICKETEKでネットで購入する方法があります。

値段は大人$79します。

競馬好きにはぼったくりと心の中で叫びたい気持ちですが.(日本は基本として入場料は200~300円以下)..まぁ仕方ない( ˘•ω•˘ )

今年のメルボルンカップは…

 毎年メルボルンカップは日本馬が出走しているのですが、今年は残念ながら出走予定の馬が最近キャンセルとなってしまいました。いつもメルボルンカップは日本馬を応援していたので今回はあまり熱を入れていないです。

とはいえせっかくの一大イベンドなのでこの日は仕事を休んでどこかのBarで観戦しようかなと思います。もちろん真剣に予想しながら賭ける予定ですよ(/・ω・)/

|д゚)ノデハデハ

コメントを残す