車中泊と車上生活の違いについてまとめてみた

 こんにちは、このブログを作るときにタイトルなんてしようか考えたことあって車中泊と車上生活どっちにしようか悩んでました。でも、結局は両方ともあまりピンと当てはまらず、最終的に

「キャンパー生活」にしよう(ΦωΦ)

ということでちょっと分かりにくいブログタイトルになりました。そこで今回は車中泊と車上生活についての違いについて詳しくまとめてみました。

車中泊と車上生活の違いの要約

 車中泊と車上生活、言葉の意味合いは似ているがネットで調べてみると両者にはっきりした違いがあります。

以下Wikipediaより引用

車中泊と車上生活

 車中泊は、「(賃貸住宅などの)固定された生活拠点がある人」が旅行・出張などにおいて車中で泊まるものである。車上生活は主に経済的な理由などで「固定された生活拠点がない」状態で、車が事実上の自宅になっているケースである。                        引用ここまで
さすがWikipediaです( ゚Д゚) 僕も両者の違いについてはWikipediaで記載している要点と同意見です。
さすがにこれでは書き終わってしまうとパクリ記事なので(;´∀`)
僕なりの考察で両者について詳しくまとめてみました。

車中泊について

 日本では一般的にキャンプや旅行などで車で宿泊するケースはほとんどがこの車中泊に当てはまります。その理由がこちら

住居を持っている。

基本は自宅やマンションなどの生活拠点をあることで住所を持っている。

短期(1週間内)の車内生活

車中泊は1週間以内の期間で車内で生活する環境だと考えています。1週間以内と位置づけした理由は洗濯しなくてもよい最長の期間です。車中泊では生活に関わる作業をこなすことはありますが、洗濯に関しては毎日やる必要はないですからね。

金銭的に困窮してない

車中泊する人は旅行やキャンプを行うケースが多く娯楽や趣味などで楽しみます。なので条件としては金銭的に困っていないのは条件に入ってきます。

車上生活について

今度は車上生活についての考察についてまとめました。

長期間、車で過ごす生活

三カ月以上の車での生活していれば車上生活という言葉が当てはまると思います。季節が変わることで車で生活するライフスタイルに多少の変化があるということ、それと日常生活を車内外で過ごすのが習慣化されることが主な理由です。

車内ですぐに就寝出来る

車内で生活するのが日課になるとすぐに就寝出来る準備が整っています。毎日、座席を倒してベットのセッテイングするのは面倒ですからね。

働きながら生活している

生活というキーワードがあるだけあって生活にはお金が必要です。なので、働きながら車の中で生活出来る環境が条件だと思います。でも中には、働かなくてもよいお金持ちや年金のお年寄りなどはキャンピングカーで車上生活している人も中にはいるかもしれませんが…それはごく稀なケースということにします(;´∀`)

 

キャンパー生活と名付けた由来 

 僕がニュージーランド(以下NZ)で過ごした生活は車上生活と言ってもいいのですが…

住所がないホリデーパークで生活してたので住所有り

お金がない⇒半分正解だけど、生き死にする程度ではない

これだと車上生活という言葉は適切ではないと思ったので使うのを止めました。じゃあ他にアイデアないかなぁっと考える際に、NZでたまたま同じ生活スタイルしているイギリス人女性と出会った頃を思い出し、彼女が放ったセリフが

 ノソ´゚ヮ゚) 「YouもCamperLifeしているのね」

 ( ゚Д゚)  はっ!!

「Camper Life」=「キャンパー生活」だと思い浮かびました。この言葉が僕のライフスタイルの言葉にピッタシ当てはまりました。

そんな経緯があって今では「海外でキャンパー生活やってみた」

このブログタイトルになっています。

おわりに

車中泊と車上生活について詳しくまとめてみましたが、よく考えてみたら海外でやる人なんて普通はいないから当てはまるわけないやんけー!!

書いている途中で気づきました(´-∀-`;)

しかし、車中泊や車上生活という言葉があるということは実際に日本でやっている人はいるってことですよね…

日本で車上生活!?どうやるのか想像も出来ないです…( 一一)

|д゚)ノデハデハ

コメントを残す