超有名な世界遺産が復元していたら

NZストーンヘンジ

 僕は旅行するとき、その地域で有名なスポットを巡るようにしてます。その中でも世界遺産は興味深いので今まで数多く訪れています。

 世界遺産といったらまず何を思い浮かぶます?

アンコールワット、万里の長城、自由の女神など色々とありますが、イギリスで有名な世界遺産といったらなんといってもストーンヘンジでしょ。

今回は観光についてはあまり書くことはないですが、このネタはちょっとマニアックで面白そうなので紹介します。

ストーンヘンジとは?

ストーンヘンジって名前は聞いたことはあるけどなぜ造れたのか?

ストーンヘンジ
イギリス南部ウィルトシャーのソールズベリーにある巨石記念物の環状列石遺構。外側に直径 100mほどの堀があり,その内側に石柱列が四重に環状にめぐらされている。中央には巨石が馬蹄形に立っており,その中心に祭壇石がテーブル状に置かれている。前3000~前1520年の間に 6回にわたってつくり上げられたと推測され,古代の祭祀遺跡の代表的なものである。1986年エーブベリー遺跡とともに世界遺産の文化遺産に登録。  出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

僕もあまりよく分からなかったの上の文章を参考に…(;´∀`)

ニュージーランドにストーンヘンジが存在している!

 もし、ストーンヘンジが昔のままで現存していたらどんな風になっていたら…

実はストーンヘンジがニュージーランドにあるんですよ(゚∀゚)

場所は田園風景が広がるワイララパ地方にあり、ウェリントンから車で約2時間で行くことが出来ます。

受付

NZの現地の人でも知らないマイナーな場所で、周辺には本当に何もない田舎です。受付で入場料を8$支払ればストーンヘンジを見ることが出来ます。

 

これが復元したストーンヘンジ

 

NZストーンヘンジ

これが復元したストーンヘンジです。

実際に本場のストーンヘンジと同じサイズで再現にして作られているそうです。

方位

 

星座

周辺1 周辺2

ニュージーランドにストーンヘンジが建築されてことについてですが、古代の天文学についての学んでもらろうと現地の天文愛好者のグループよって造られました。

 天文好きな人にはオススメ。

 僕はどんな建物なのか見てみたいなぁっというネタ目的行ったのであんまし感動はしなかったです(;´∀`) ただ、天文好きな人には南半球の天文学について詳しく記されているのでいいかなと思います。また、期間限定よっては星座観察ツアーや音楽ライブなど開催されています。

もし、興味があって行くのであればワイララパ地方にはワインの名産地なのでワイナリーを巡る途中で立ち寄ってみるのもいいと思います。

|д゚)ノデハデハ

コメントを残す