オーストラリアの国民食! ベジマイトのご紹介

vegemite

 海外での食生活は日本食を自炊して作っている僕ですが、最近はオーストラリア産の国民食を毎日食べています。日本では馴染みのない食品ということもあって今回のネタはオーストラリアの国民食 ベジマイト(Vegemite)について紹介します。

ベジマイトって何!?

 ベジマイトはオーストラリアで生産している発酵食品です。

vegemite 2

ベジマイトはイースト菌抽出物(酵母エキス)や塩を原料に作られている。これはビール醸造の副生成物であり、麦芽抽出物を含む。栄養面ではチアミン(B1)・リボフラビン(B2)・ナイアシン(B3)・葉酸(B5)などのビタミンB群に富んでいる。                  出典:Wikipedia 

発酵食品といこうともあってビタミンが豊富に含まれており、多くのオージーが好きな代表的な国民的食品です。しかし、あまりベジマイトを摂取すると多少の塩分を含んでいるので注意しましょう。

どんな味がする?

 僕がはじめてベジマイトを食べてみた感想は…

 

 (´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・ ゙;`;:゙;・(;゚;Д ゚;)ブェッ

 

天日干ししたゴム(もう食べ物とは思えない…)を食べたような苦さと塩辛さが同時に舌を痺れさすみたいな感覚を味わいました。

もっと分かりやすく表現するためにちょうど良い動画を見つけました。

日本人が初めてベジマイトを食べると、外国人が初めて納豆を食べたときと同じリアクションをするんじゃないかと思います。ちなみにこの動画、アメリカの子供たちが世界各国の食べ物に挑戦し、日本だけでなく他の国の料理や文化などを客観的視点で見ることが出来てなかなか面白い動画です(・∀・)

ベジマイトの食し方

 ベジマイトは調理の仕方によって美味しく食べることが出来ます。主にパンに塗って食べて加えていくつかトッピングをのせます。

チーズ&ベジマイト

 誰でも食べられるよう作り方として、チーズを組み合わせるのが一番相性がいいです。

最初、トーストにベジマイトを塗ります(味に慣れない場合は薄く塗りましょう)

vegemite on the bread

その次にチーズをのせて電子レンジでチンします。※ベーコンや卵をトッピングに加えてもオッケー

cheese

レンジで温めたらお好みでソースをかけてみる(加えなくてももオッケー)個人的にはマヨネーズを少し加えると酸味と塩辛さが絶妙にマッチして美味しくいただけます。

vegemite sand

バター&ベジマイト

butter on the bread

ベジマイトの味に慣れてきたら、トーストにバターとベジマイトを塗ります。ベジマイトの風味が強く残りますがバターを塗ると味は大分まろやかになります。シンプルな作り方ですが、オージーで食べる最もポピュラーな食べ方です。

日本で購入する場合

 実は日本でもベジマイトは購入することが出来ます。

日本だとどうしても馴染みがない食品なのでお値段は少々高いですが一度試してみる価値はあると思います。現地であればスーパーで400~500円くらいで購入出来ます。

オーストラリアのお土産に

 去年、日本に一時帰国した際にお土産として友達に配りました。ほとんどの友達の感想が「今度は買って来なくていいから!!」と言われました(´・ω・`) その時は食べ方を教えるのを忘れていたので後で伝えておかないといけですね(;´∀`) ベジマイト以外にもまだまだ他の食品についてもご紹介しようと思います。

今回はここまで!

( ゚Д゚)ノデハデハ

 

1件のコメント

コメントを残す