海外の食品卸会社で働くお話

海外生活で買える日本食

 こんにちは、前回は海外で日本食事情について書きましたが、今回も引き続き書きます。

前回のブログはこちら

まずは一日の仕事流れから(配送の仕事)

 僕の仕事は主に配送の仕事しており、タイムスケジュールにするとこんな感じになります。

 6:50 出社

 7:00 配送する商品を集める

 7:30 車に商品を積載する

 8:30 配送(午前便)

12:30 休憩

13:15 配送(午後便)

16:30 明日の配送準備

17:30 終了

この仕事は他の仕事に比べて一日の仕事時間は長く、朝早くから出社します。また、会社の所在地も住宅街から離れた場所にあるので、交通手段は基本的にはマイカーで出勤します。僕の場合、車は持っていないので、会社に近い所に住んで自転車通勤してます。

倉庫(常温)

まず会社に来てやることは配送する商品を集めますが、写真で見ての通り倉庫は広いのでどこに商品があるのか細かく覚える必要があります。また、商品もお米や油などの重たいものを持ち運びますので朝っぱらから体力使います。

配達トラック

配達する商品を集めたら次にそれを車の中に積みこみます。普通はハイエースを運転するのですが、僕はトラックの運転経験が豊富だったのでトラックでの配送やってます。荷物を積み込んだら、それぞれのお店に配達してこれを午前と午後で二回行います。配送の仕事は主に力仕事ですが、お店に商品を届けるときには英語力も必要だったりします。その理由は海外で日本食を経営している人の7~8割くらいはアジア系の人が働いているため日本語よりも英語を話すので英語力は何気に必要だったりします。

その他の仕事について

その他の仕事業務は倉庫管理と事務職(女性の方が担当)の2つあります。

フォークリフト作業

まず、倉庫業務の仕事業務は配達する商品を集めたり、日本や海外から来た商品を受け取り、在庫のチェックなど色々あります。それと、働く会社によってですが、倉庫業務はフォークリフトの操縦が必須となります。僕の場合、トラックと同様に運転経験はあったので倉庫業務もこなしています。

倉庫(冷凍)

また、取扱いの商品は常温だけでなく冷蔵や冷凍の商品も幅広く取扱っており、作業は時にー20℃の中でやることもあるのでけっこう大変です。もしメガネをしている人は倉庫作業は冷凍庫を頻繁に出入りしてその度にメガネを拭かないといけないのでコンタクトで仕事をするのをオススメします。

 最後に、事務職についてですが、仕事内容はユーザーからの受注、他の事務所からの連絡業務、経理、雑務など色々あります。電話での応対がメインとなるので英語のスキルはかなり重要です。

どれくらい稼げるの!?

一番なんといってもどれだけ稼げるかっていうのは重要ですよね( 一一)

正直に言いますと…

(・∀・)「けっこう稼げます!」

その理由は他の仕事に比べて一日の仕事時間が長いこと、それに運転や英語などのある程度のスキルを持っていることが条件なので給料に関していえば悪くはないと思います。

ワーホリでオーストラリアで生活してた時期だと、僕はトラックとフォークの運転経験持ちで幅広く仕事がこなすことが出来たので週6のペースで働いて、もらっていた給料は日本で働くよりも明らかに金額はもらってました。現在は学生と仕事のダブルワークなので仕事は週1日半(約16時間)しか働いておりませんが、1日半で1週間の生活費+ちょっとのお小遣い程度くらいはもらえます。

なので、稼ぎたい人はトラックもしくはフォークリフトの経験者は他の人よりも多く働くことが出来ると思います。また、営業の経験者とかでも英語を使ってお店などで商品のPRや売り込みなど売上に貢献して仕事をさらにもらって働くっていう手段もあるので、一生懸命やる分だけ多く給料もらえる仕事だと思います。

海外の食品卸会社で働く特権!!

海外生活のストック品

日本食の卸会社で働く特権はなんといっても日本食をどこよりも安く買うことが出来ることでしょう。海外で日本食を購入すると日本よりもかなり高いですが、直接購入すればかなり安く抑えられます。僕は主にお米は調味料を買っていますが、スーパーなどで普通に買う値段から30~50%引きで買うことが可能です。その代わりに量は業務用サイズなので毎日自炊して消費するよう心掛けてます。

海外生活の保存食(冷凍)

冷凍食品も特別に安く出来る商品を買ったりしています。ある時、どうしても納豆が食べたくてつい納豆を段ボール箱分ごと買いました(もちろん特価) 今では海外でも毎日納豆食べて生活してます。

おわりに…

 ワーホリや学生の人は海外に来てまで日本に関わる仕事するのは嫌だと思う人は多いかなと思います。実際に僕もその一人で初めて海外生活してた時から日本食の卸会社でパートで働けることは知っていたのですがあまり興味がなかったのが正直なところです。

でも実際にやってみると、日本語よりも英語を使う機会が多くて英語の勉強になります。それと個人的な意見ですが、長く海外生活してると日本食がないとダメだと感じました。今は会社から安く仕入れて海外にいながら毎日日本食を食べてる生活を送っています。今回はここまで

|д゚)ノデハデハ

1件のコメント

コメントを残す